2017.05.21 健康&カラダ
4月10日に肋骨と右肘橈骨骨頭骨折をして、
1ヶ月ちょっと経ちました。
(現在、これに加え、右足小指骨折中( ´△`))

肋骨骨折はおかげさまで治り、
右肘もほぼよくなり、
上半身に関しては普通の生活ができるようになってきました!

右肘橈骨を骨折してからずっと困っていたことは、
手のひらを下にしか向けられないことでした。


手のひらを上にすると激痛が走り、
手のひらを上にすることはできませんでした。
今日は、少し痛いですが、
上に向けられるようになりました!
(嬉しい(๑˃̵ᴗ˂̵)و )



手のひらを上に向けられずに困ったことは、

・お箸が持てない
・洗濯物を干す時洗濯バサミを掴めない
・お茶碗を洗えない
・ビンや蓋のキャップを回せない

他にも山ほど!


手のひらをねじることが全て出来なくなり、
いかに人は何気なく手のひらを返したり、
ねじる作業を頻繁にして生活しているのか、
手のひらを普通に使える有り難みを痛感しました。

今回の骨折を機会に、
手の筋肉や骨の構造について随分勉強しました!

ギターは手のひらを上にせず弾けるので、
練習はドクターよりオーケーが出ていて、
本当に良かったです。



完治まであと少し!

重いものを持ったり、
手をついたりすることはNGなので、
ゆっくり行動しようと思います。

生徒さん達には、ご心配おかけしました。