昨日、先生がして下さった作業内容は、
バラバラにとっ散らかった練習書き込み用コピー譜を、製本にして下さる、という、
私が超!苦手とする作業でした。

あまりに素晴らしく製本してくださり、
あまりの嬉しさに、チャチャっと題名を書いたら、
先生が、題名を褒めて下さいました٩(˙▿˙)۶



「製本の題名、素晴らしくてびっくりしました❗
タイトルと、製本テープの色が微妙にアンティークフィニッシュっぽくなって良い感じですよね。
いやぁ、隠していましたね~。」

(° ꈊ °)✧
これまで、題名書いても誰も気づいてくれなかったんですよねー。
フォントは、私の適当フォントです(笑)

題名じゃなくて、演奏褒められるよう、頑張ります(๑و•̀ω•́)و

そして、先生の題名があまりに適当過ぎるので、
退院したら、先生の曲の題名書かせて頂きます( ゚Д゚)ゞ

先生曰く
「普通っていうのはこういうのを言うんだぜ、お嬢さん。」
いや、普通のレベル、低すぎです(☉౪ ⊙)
先生のおかげで、新しい楽しみが出来そうです。

↓先生の楽譜&ヘロヘロタイトル(笑)