2016.09.05 考えること
8月は人生の転機の月でした。
病院の転院をしました。

3年間通った病院でしたが、
大学病院であったり、主治医の方針が、

「研究・実験・医師の人材育成のため」

ということで合わず、
私の病気は研究の1つとなり、
昨年からとても悪くなり、
入退院を繰り返しました。


この1年半は日々を過ごすことが、
本当に本当に大変な時間でした。


暴れている病気をコントロールすべく、
新しい病院では、
患者の生活を考えた治療がすぐに始まり、
家事をし、吐くことなく過ごせる日々が、
やっと、やっと、戻りつつあります。

朝、普通に起き、ごはんを食べ、
家事をし、ギターを弾く。

そんな普通なことができることは、
心から幸せなことなんだな、
と、嚙みしめる日々です。

あまりに辛すぎて、
友人と会うこともままならなかった時間を取り戻すべく、体調が安定したら、
沢山の友人と会いたいです。